5代目ダイハツ・ムーブのグレード

ガリバー 中古車

現行のダイハツムーブは既に5代目。2010年12月にフルモデルチェンジされた。

歴代のムーブと同様に、カスタムとノーマルの2タイプで登場。4代目以前と5代目の違いについて、グレードも考えながら見ていく。

今回のフルモデルチェンジでどう変化があったのか。一般的に、簡単な変更はマイナーチェンジ、大幅な変更はフルモデルチェンジと区別される。

まずは車体。今回のフルモデルチェンジでは、車体自体、平均で約35kgの軽量化が図られいる。軽量化は、そのまま燃費の向上に繋がる事が多い。軽量化と供に、エンジンの特性も全面的に見直され、CVTに統一されたようだ。

ガソリン車CVTのアイドリングストップシステムでは世界で初めてらしいが、ユニット小型化の為に電動ポンプを廃止。新しいエンジンの搭載に合わせて変速制御域の最適化を図ったようだ。

「X]「XLimited」「カスタムG」にはこの新開発されたアイドリングストップシステムが搭載されている。これにより、燃費は27.0km/L(2WD、10.15モード)を実現。eco IDLE非搭載となっているグレード、「L」「カスタムXLimited」「カスタムX」の3タイプでも、その燃費性能は25.0km/Lとなっている(2WD、以下同)

室内幅も、変更された。1350mmは軽自動車でも最大となるようだ。居住性の改善も図られたのは、男性ユーザーにとっても嬉しい改良だ。

次に装備について。「フルオートエアコン」「ecoリーフゲージ」が全車に搭載。他にも「マルチインフォメーションディスプレイ」も搭載された。これは、いろいろな情報を切り替えできるもので、たとえば走行可能距離、平均燃費、気温などの情報である。

最後に気になるのは安全面。カスタムのオブション装備として準備されているのが、SRSサイドエアバッグ、SRSカーテンシールドエアバッグ、3天式ELRシートベルト をセットとした「セーフティパック」である。

さらには、車載カメラを利用した車線逸脱警報機能などもあるので、オプション装備にも注目していきたい。

ガリバー 中古車

 


▼ハッピーメールPickup情報
新しい恋愛を求めてハッピーメールに登録したものの、なかなか好みの女性と知り合うチャンスがないという人は、プロフを工夫してみましょう。⇒ハッピーメール